ワークショップデザイナーとは

ワークショップデザイナー(通称:WSD)は、人と人とのコミュニケーションの場面を生み出していける専門家として、「共に」活動することを楽しめる資質を持ち、コミュニケーションを基盤とした知識や技能を活用する参加体験型活動プログラム(ワークショップ)の専門職です。 

青山学院大学社会情報学部では120時間の履修証明プログラムとして、ワークショップデザイナー育成プログラムを開講しています。「プログラムデザイン」と「ファシリテーション」を軸に、ワークショップの体験・観察・実践・省察の流れを2回繰り返し、実践者としての力量を磨きます。また、ワークショップに関連する理論を学ぶことで、実践で得た知見を再度整理し学びを深めていきます。(2009年〜2016年は大阪大学、2010年は鳥取大学でも開講していましたが、現在は青山学院大学でのみ開講しています。) ワークショップデザイナー(WSD)たちの活動する領域や分野は様々で、全国に2000人を超えるWSDが自分の所属する会社や地域で活躍しています。